Category Archives: Web

WebPconv をリリース

webplogoss2

WebPconvをリリースしました。
Googleが開発したWebP(ウェッピー)フォーマットを相互変換させるフロントエンドツールです。WebPの詳細に関してはGoogleのサイトを参照下さい。Googleのオリジナルライブラリ(コンバータ)はマルチバイトのファイルパスに非対応ですが、WebPconvは日本語を含むファイルパスに対応しています。

ダウンロードはこちら
http://cloud.voralent.com/download/WebPconvSetup.zip

webp01
Compress Mode

webp002
Decompress Mode

webp003
Options

BroadCenterの新デザイン

Broadcenterが放置したままになっていたので、そろそろ更新しようと考えています。
CMSを導入するほど頻繁に更新するわけではないので、マニュアルでコンテンツを準備しようと思いますが、新しいデザインがなかなか決まりません。デザインが決まらない原因はGoogle AdSenseのあのなんともダサい広告です。どんなに試行錯誤しても、あの広告のデザインと調和させることが難しい。しかもあの巨大な”Download”の紛らわしさ。(というか胡散臭さ)もっと利用者に有意義な広告を提案してもらいたいもの。Googleも広告デザインポリシーを策定し、かつ審査すべきではないでしょうか?今週を目処になんとか調和出来るデザインを探して、週末にはリリースしたいです。

central1

WEBmini 1.0 をリリース

fbwebminilogo

2009年にVoralent YUI CompressorというYUIのフロントエンドを作って数年放置してました。
久々に使ってみたら、YUIのAlgorithmがあまりに古すぎてCSS3に対応してなかったので、WEBminiなるものを開発。この前作ったPNGminiのアーキテクチャをそのまま利用したので全部含めて30分程で完成した。アイコンも3分未満でササッと作成。構想からリリースまでの最短記録達成かも!?

新作はJava ScriptもCSSもまとめて一括圧縮が可能になりました。オリジナルと同フォルダに*.min.js or *.min.cssという名称で圧縮したファイルを生成します。
普通、Java Script/CSSはプレビルド処理でminificationしますが、たまにはマニュアルで圧縮したくなることだってあるよね・・・(自分だけ?)

ダウンロードはこちら
http://cloud.voralent.com/download/WEBminiSetup.zip

webminicap

ちなみに、WEB版もアップデートしておきました。
http://www.voralent.com/services/scriptcompress/

Responsive Web Design

voralent.com を流行のレスポンスWEBに対応させました。
Bootstrapなど主要なRWD Frameworkを試してみましたが、いずれのフレームワークもオリジナリティが欠如してしまうので結局スクラッチで開発。以前のデザインを維持させました。
ただし、コンテンツのグリッド制御はOne% CSS Gridをカスタマイズして利用。

作ってみた感想として、Responsive Web Designはコストが掛かりすぎて、暫くはプロモーション目的のコンテンツに限定されるだろう。しかし、Javaや.Netのアプリ開発にインテグレートされた完成度の高いRWDフレームワークが登場すれば、大手ベンダが学習を初め、エンタープライズシステムのモバイル化が一気に進むだろう。さて、誰が最初にその基盤を設計出来るか? アメリカのどっかのベンチャー企業が開発して、IBM辺りが速攻で買収しそう・・・

http://www.voralent.com/